性病を予防する方法

MENU

【性病検査】自宅で検査できるってご存知ですか?

性病を予防する方法記事一覧

性病に感染しない最も確実な方法が、そもそもセックスしないということです。とは言っても・・・セックスは人生の楽しみのひとつですし、、、性病になるのが怖いからといって、セックスをしないというのはちょっと違うような気もします。適切な性欲の処理は大切人間の生理的欲求として、、、食欲睡眠欲性欲これら3つの生理的欲求は、適切に満たすことが大切だと思います。なぜなら・・・食欲が満たされなくても、睡眠欲が満たされ...

事情があって仕方ない場合もあるかも知れないですが、、、不特定多数の相手とセックスすると、性病に感染するリスクが高まるのは間違いありません。相手が増えれば増えるほど、、、性病の原因となる細菌やウイルスに感染している人と当たってしまう可能性が高まるからです。面識のある相手とだけセックスしましょう!一般論でお話ししますが、、、セックスする相手の素性が分からないというのはとても危ないことです。なぜなら・・...

コンドームは避妊のための道具と思っている方が多いかもしれませんが、、、コンドームは、性病を予防する目的でも、とても役に立ちます。特に、エイズや梅毒など、、、性器の「粘膜」や「体液」を介して細菌やウイルスが感染するタイプの性病に対して効果的です。女性が男性を「教育」しましょう!コンドームを使用するかどうかは、、、男性側に主導権があることが多いと思います。しかし・・・多くの男性が、セックスするときにコ...

性器やその周辺は、、、いくらきれい好きな人でも、どうしても不潔になりがちな部分です。目に見えないバイ菌や、カビなどが繁殖していることも多いので、、、セックスする前には、なるべくシャワーを浴びて、きれいに洗い流すことをおすすめします。性器や肛門をきちんと洗いましょう!シャワーを浴びてくださいというと、、、腕や腹などをササッと流す程度ですませる人がいらっしゃいます。しかし・・・セックスの前に、性器・肛...

セックスして、ちょっとまったりした後に、、、タイミングを見て、トイレで排尿することをおすすめします。というのも・・・もし相手が性病に感染していた場合に、、、尿道に入ってきた細菌・ウイルスや、カビなどを洗い流す効果が期待できるからです。もちろん、排尿しただけで完璧に性病予防できるということではありませんが、、、少しでも性病感染のリスクを下げる効果があるなら、やっておいた方がいいと思います。アナルセッ...

セックスをするときは、部屋を暗くすることが多いですし、、、相手の性器を、あまりじっくりとは観察しないかもしれません。しかし・・・たまには、部屋を明るくして、相手の「性器の状態」を確認してみることをおすすめします。目視で異常が分かる性病もある性病の中には、目視で異常が分かるものもあるので、、、そういう視点で相手の性器を冷静に見てみましょう。ただし・・・性器の色や形はとても個性的で、人それぞれ特徴があ...

セックスで激しく愛しあうと、、、性器周辺やくちびるなどを傷つけてしまうことがあります。例えば、歯が当たってしまったり、無理な挿入による裂傷などです。出血した場合は要注意その傷から出血している場合には、少し注意した方がいいです。なぜなら・・・エイズや梅毒など、血液を介して感染する性病があるからです。少量の血液であれば感染しない可能性が高いですが、、、もし出血があった場合には、性病検査した方がいいと思...

人間だれしも体調が悪いときがあると思います。そんなときには無理せずに、きちんと休んで、体調を整えるようにしてください。免疫力が低下しているので危険!体調が悪いときには、セックスは基本的にひかえることをおすすめします。なぜなら、体調が悪いときは性病に感染するリスクが高まるからです。体調が悪いときは、免疫力が低下していることが多いです。そのため・・・普段ならカラダの免疫機能が働いて、ウイルスや病原菌を...

生理中にセックスしたい女性はほとんどいないと思いますが、、、元気な男子の場合、生理中でもセックスを求めてしまうことがあると思います。これはつまり・・・生理中は「安全日」なので、、、妊娠の可能性が少なく、生(ナマ)の挿入を楽しめるというのが理由だと思います。生理中はほんとうに「安全日」か?まず最初に、女性の生理について基礎知識を確認しておきましょう。女性の生理の一般的なスケジュール女性は一般的に月1...

夏の暖かい時期になると、、、キャンプや海水浴など、屋外でデートする機会が増えると思います。いつもと違う場所、いつもと違うシチュエーション、、気分が盛り上がることまちがいなしですよね。しかし・・・性病防止という意味では、、、いくら気分が盛り上がっても、野外でのセックスは避けたほうが無難だと思います。細菌などが入り込む可能性当然のことながら、、、屋外は衛生状態が室内よりも良くないです。いろいろな細菌・...

ひとり暮らしの方などは、、、ふとんを年中敷きっぱなしで、干したりしないかもしれません。また、シーツも取り替えずに、ずっと同じシーツを付けっぱなしにしている人もいると思います。しかし・・・寝具を清潔にしておかないと、健康を害することがあるので注意した方がいいです。ふとんには細菌などが住み着いている!ふとんにはさまざまな雑菌が住み着いています。ふとんはとても汚れているダニダニの死骸ダニのフン汗の塩分皮...

同棲していたり、相手の部屋に遊びに行ったりしたときに、、、相手が使ったタオルや歯ブラシなどを自分も使わせてもらったりすることがあると思います。しかし・・・性病予防という意味では、、、タオルや歯ブラシなどを共用するのはリスクが高い行為です。以下に、具体的にどのようなリスクがあるかをまとめておきます。説明・解説タオル最も感染する確率が高いのは「毛ジラミ」です。毛ジラミは体長1〜2ミリほどの吸血性の寄生...