【性病Q&A】献血したらエイズなどの性病を検査できるの?

MENU

【性病検査】自宅で検査できるってご存知ですか?

【性病Q&A】献血でエイズ検査できる?

献血したらエイズなどの性病を検査できるの?

結論から先に言いますと、、、

 

エイズなどの性病検査を目的として
献血してはいけません。

 

 

なぜなら・・・

 

 

もし万が一、何らかの手違いによって
性病に感染した血液が患者さんに
輸血されてしまったら、、、

 

輸血を受けた患者さんに
性病が感染してしまうからです。

 

 

検査目的の献血でエイズ感染事故

 

 

検査目的の献血で、実際にエイズが
感染する事故(事件?)が発生しています。

 

 エイズウイルス(HIV)に感染した40代男性が献血した血液が、患者2人に輸血され、うち60代の男性がHIVに感染していたことが分かった。26日に開かれた厚生労働省の専門委員会で日本赤十字社が報告した。献血者が感染初期だったため血液が検査をすり抜けたとみられる。2003年に輸血によるHIV感染が確認され、04年に検査を強化して以降、感染者が出たのは初めて。

 

 日赤は来夏までに、20人分をまとめて検査する手法から、より精度の高い1人ずつの個別検査にし、施設数は8カ所に倍増する。

 

 同省によると、40代男性が今月献血した血液からHIVを検出。このため同じ男性が今年2月に献血し、日赤が保管していた血液を詳しく調べたところ、HIVが検出された。この血液はすでに患者2人に輸血されていた。うち消化器の手術で10月に輸血を受けた60代男性が、HIV感染していたことが判明した。もう1人は医療機関を通じ連絡を取っており、今後、感染の有無を確認する。

 

 HIV検査では、感染直後などウイルス量が少ない時期は検出できないことがある。このため、感染の危険性があるかどうかを問診で確認しているが、献血した男性は、2週間ほど前に男性間の性的接触があったが、事実と異なる申告をしていた。検査目的に献血をしたとみられる。

 

 検査の結果は献血者には伝えられない。厚労省は検査目的の献血はせず、保健所などの無料検査を受けるよう呼びかけている。HIV薬害被害者の花井十伍さんは「献血者は、輸血による感染という重大な事態が起きることを自覚して、責任を持って献血にのぞんで欲しい」と話す。

 

朝日新聞2013年11月26日より引用

 

↑↑↑

 

ある意味、テロと変わらない卑劣な行為で、
とうてい許されることではありません。

 

検査目的での献血は、
絶対にしないようにしてください。

 

 

ちなみに・・・

 

 

献血でエイズなどの感染が判明しても、、、

 

その血液が廃棄処理されるだけで、
本人には感染の有無は伝えられません。

 

つまり、検査目的で献血しても、
感染しているかどうかを知ることは
できないということです。

 

 

自宅で検査できる「性病検査キット」を利用してください!

 

 

性病検査は病院や保健所で
受けることができますが、、、

 

最も手軽に検査できる方法が、
性病検査キットを利用することです。

 

 

性病検査キットというのは、
自宅で自分で血液や尿などの
検査物を採取して、、、

 

検査機関に郵送することで
感染の有無が分かるサービスです。

 

 

誰にもバレない匿名検査ですし、、、

 

性病に感染しているかどうかを知りたい
場合には、ぜひ利用してください。



当サイトでご紹介している性病検査キット
STDチェッカー ふじメディカル GME医学検査研究所




宅配ドクター kensa.biz



なるべく早めに検査してくださいね!

 



膣内を徹底洗浄するキット
女性の「膣(ちつ)」の内側を徹底的に洗浄できるキットをご紹介いたします。もしあなたが、「あそこのニオイが気になる」とか、「おりものの不快感で気持ち悪い」とか、デリケートゾーンにお悩みをお持ちでしたら、一度試してみるといいかもしれません。使用方法は簡単で、あそこに挿入して優しくプッシュするだけです。専用の精製水によって、膣内部をキレイに洗浄できます。