性行為の種類で選ぶ性病検査キット

MENU

【性病検査】自宅で検査できるってご存知ですか?

性行為の種類で選ぶ性病検査キット記事一覧

説明・解説対象となる性別 感染するかもしれない性病は?セックスで挿入した場合には、ウイルス性の性病も、細菌による性病も、あらゆるタイプの性病に感染する可能性があります。何に感染したか分からない場合は、全て検査することをおすすめします。【感染の危険性】:★★★(高)梅毒B型肝炎クラミジア淋病トリコモナスカンジダ【感染の危険性】:★★☆(中)エイズ【感染の危険性】:★☆☆(低)C型肝炎※相手が感染者で...

説明・解説対象となる性別 感染するかもしれない性病は?パートナーの持っているウイルスや細菌が、粘膜から体内に侵入して感染します。あらゆるタイプの性病に感染する可能性があるので、すべての項目を一度検査しておくことをおすすめします。【感染の危険性】:★★★(高)梅毒B型肝炎クラミジア淋病トリコモナスカンジダ【感染の危険性】:★★☆(中)エイズ子宮頸がん【感染の危険性】:★☆☆(低)C型肝炎※相手が感染...

説明・解説対象となる性別  感染するかもしれない性病は?フェラチオをすると、男性器の粘膜や精液に含まれているウィルスや細菌が、口の粘膜やのどに感染します。また、口内炎などがある場合は、傷口からウィルス等が体内に侵入します。【感染の危険性】:★★★(高)クラミジア(のど)淋病(のど)【感染の危険性】:★★☆(中)梅毒【感染の危険性】:★☆☆(低)エイズ ← お互いの粘膜に傷がある場合など※相手が感染...

説明・解説対象となる性別 感染するかもしれない性病は?相手の口内に性病のウィルスや細菌などがある場合は、性器表面の粘膜や、尿道などに感染する可能性があります。出血を伴うような場合には、エイズなども心配です。【感染の危険性】:★★★(高)クラミジア淋病【感染の危険性】:★★☆(中)梅毒【感染の危険性】:★☆☆(低)エイズ ← お互いの粘膜に傷がある場合など※相手が感染者である場合に自分が感染する危険...

説明・解説対象となる性別  感染するかもしれない性病は?相手の性器に何らかの性病があると、自分の口やのどに感染する可能性があります。また、自分の口内に傷がある場合、ウイルスや細菌が血液中に侵入します。【感染の危険性】:★★★(高)クラミジア(のど)淋病(のど)【感染の危険性】:★★☆(中)梅毒【感染の危険性】:★☆☆(低)エイズ ← お互いの粘膜に傷がある場合など※相手が感染者である場合に自分が感...

説明・解説対象となる性別 感染するかもしれない性病は?相手の口やのどが性病に感染している場合は、性器の粘膜や、尿道などにウイルスや細菌が感染する可能性があります。同じ相手とキスもした場合には、のどの検査もした方がいいです。【感染の危険性】:★★★(高)クラミジア淋病【感染の危険性】:★★☆(中)梅毒【感染の危険性】:★☆☆(低)エイズ ← お互いの粘膜に傷がある場合など※相手が感染者である場合に自...

説明・解説対象となる性別 感染するかもしれない性病は?アナルセックスは出血してしまうことも多いため、エイズや梅毒など、ウイルスや細菌が体内に侵入するリスクが高いです。経験のある方は、必ず検査を受けておきましょう。【感染の危険性】:★★★(高)エイズ梅毒B型肝炎【感染の危険性】:★★☆(中)クラミジア淋病【感染の危険性】:★☆☆(低)C型肝炎※相手が感染者である場合に自分が感染する危険性感染するのを...

説明・解説対象となる性別  感染するかもしれない性病は?アナルセックスは出血してしまうことも多いため、エイズや梅毒など、ウイルスや細菌が体内に侵入しやすくなります。直腸から吸収されて、体内に侵入することもあってリスクが高いです。【感染の危険性】:★★★(高)エイズ梅毒B型肝炎【感染の危険性】:★★☆(中)クラミジア淋病【感染の危険性】:★☆☆(低)C型肝炎※相手が感染者である場合に自分が感染する危...